google.com, pub-5256664231539820, DIRECT, f08c47fec0942fa0 未経験者に土木施工管理はつとまるのか? | さぶろうブログ

未経験者に土木施工管理はつとまるのか?

施工管理の仕事内容

まったくの未経験で、施工管理の仕事に興味のある人もいると思います。

土木の勉強をしたこともなく、全く経験も知識もないという人につとまる仕事なのかな?

そんな心配をしているあなたに土木施工管理の仕事をお伝えします。

・未経験で土木施工管理についても大丈夫?

・最初はどんな仕事をするの?

・就職する前にどんな準備をすればいいの?

そんな不安にお答えします。

未経験者に施工管理の役割はある。

さぶろう
さぶろう

まったくの未経験者であっても施工管理の仕事はつとまります。

施工管理には多くのやるべき仕事があります。

入ったばかりの新人には、その役割の一部を任されることになります。

全く知識がない人にもできる仕事はたくさんあります。

土木工学を学んでなくても大丈夫

現在、施工管理業務に従事している人の多くは大学や高校で土木工学を学んでいた人です。

卒業後の進路選択の際に、建設会社を選択することが一般的です。

建設会社からの求人が多くなるから当然のことでしょう。

しかし、土木工学を学習した経験が工事現場の実践で活きるケースはほとんどありません。

土木工学で学ぶベルヌーイの定理や、M図Q図の描き方、圧密沈下の理論なんていうものは、仕事の実践の場においてはほぼ必要ありません。

現場で必要な技術は、ごくごく簡単なものばかり。

・測量をする際に必要な簡単な足し算と引き算。

・1時間にどれだけの作業が進むかを見極めること。

・予定した材料と実際に使用した材料の集計をして比較すること。

・設計通りの幅や厚さが確保できているかを巻き尺などで確認すること。

などなど。

はっきり言ってしまえば、一般的な常識があれば大丈夫な内容ばかりです。

大学で勉強してきたという知識は全く不要です。

高い学歴などのムダなプライドがあれば、むしろ邪魔なくらい。

全くの未経験者であっても施工管理の仕事に従事することはできます。

未経験者が会社に入って最初に与えられる仕事

さぶろう
さぶろう

入社して間もない人に与えられる仕事は、施工管理の基本です。

工事写真の撮影

施工管理の仕事の初歩に工事写真の撮影があります。

工事の進捗状況の記録を写真で残す仕事です。

工事の作業の全体像を撮影する状況写真。

規格通りの寸法でできているかを確認する出来形写真。

品質管理の試験をしている写真。

工事写真の目的は、発注者に工事の成果を示すこと、工事の進捗によって見えなくなっていく場所が適正に作られていることを記録に残すことが目的です。

本来の目的はそういったものですが、工事写真撮影にはもう一つの目的があります。

工事写真を撮影することによって工事がどうやって進められているかを学習するのです。

新人の役割として重要な仕事であり、知識を得る役割です。

測量の手元

測量と聞くと専門的な仕事に聞こえます。

確かにいろいろな測量がありますが、基本は巻き尺やスケールで長さや厚さを図るものになります。

ひとりで測定するのは難しいし、記録するのもふたりで作業するほうが効率的です。

測量の補佐業務は初心者の大きな役割です。

巻き尺のゼロを押さえる仕事というとイメージしやすいでしょうか。

最近一般的になりつつあるのがドローンを使った測量。

はっきりいって、そんなものを学校で学んできた人はいません。

おじさんには、とっつきにくい内容です。

新しくこの業界に入ってくる若い施工管理者に期待される役割になっていくのではないでしょうか。

日々の原価管理

工事現場では、いろいろな資材が使われます。

その日どんな材料をいくら使ったかを記録することが必要になります。

これが原価管理になります。

納品書を整理し、日々いくらの材料をどれだけ使ったかの集計作業は、新人の役割になります。

これも、工事がいくらでできるかを理解していくための基礎知識になっていきます。

貴重な学習の場でもあるのです。

下請け業者との連絡係

最初からひとりで現場を任されることはありません。

先輩社員について補佐業務を行うことになります。

先輩社員は、発注者との協議や関連官庁との協議や、近隣工事業者との調整や会社の仕事などたくさんの仕事に追われているはずです。

工事が行われている間、ずっと現場にいることもできません。

そんな時、工事の段取りをつけて新人をひとりで現場においておくことはよくあることです。

何か問題があった時、タイムリーに連絡が取れるよう新人は現場にいます。

主には、下請け業者から上がってくる問題点をきいて、先輩社員の指示を間に立って聞くことが多いことでしょう。

現場の進捗状況の確認と報告

いろいろな工事現場外の仕事のために現場を離れた先輩社員が戻ってこられないこともあります。

そんなときは、作業がどこまで進んだかを確認することが大切な役割になります。

予定通りに工事は進んだか、翌日の作業は予定通りで問題ないかを先輩社員に伝えることはとても重要です。

予定通りに工事が終了していない場合は、翌日の作業の段取りを変えることが必要になります。

日々の仕事の進捗を把握しておかないといろいろとロスが生じてしまいます。

会社に入る前に準備しておけばよいこと

さぶろう
さぶろう

会社に入る前は、その時しかできないことをやることをお勧めします。

旅行をしたり、友達と過ごす時間を大切にしてください。

施工管理の仕事に就くことが決まった人は、気合も入っていることでしょう。

仕事に就く前に、何か準備しておくことはないかと意気込んでいることと思います。

しかし、会社に入る前に準備することは特にありません。

知識を習得することもよいかもしれませんが、実践の伴わない学習にそれほど意味はないと思います。

学生であれば、友達と有意義な時間を過ごしたり、今のうちにしかできないことに打ち込むことがよいと思います。

すでに社会に出て仕事をしている人であれば、今の仕事をしっかり終わらせることが重要だと思います。

ひとつだけ準備するとよいことを上げるとすれば、街中で行われている工事現場の様子を眺めてみるのがよいかもしれません。

施工管理に従事している人の姿はきっとすぐにわかります。

将来の自分が働く姿をイメージしてみること、工事現場の雰囲気を感じておくことが、よい準備になるかもしれません。

まとめ

・未経験で土木施工管理についても大丈夫。

・最初は先輩社員の助手として初歩的な業務から開始する。

・就職する前に特に準備しておくことはない。

施工管理に限らず、どんな仕事でもそうかもしれません。

仕事というのは実際にやりながら覚えていくもの。

施工管理の仕事は未経験・未学習であっても大丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました