google.com, pub-5256664231539820, DIRECT, f08c47fec0942fa0 施工管理の仕事の楽なところ | さぶろうブログ

施工管理の仕事の楽なところ

施工管理の魅力

施工管理の仕事は大変そうだけど、楽なことはないの?

ただただ大変な仕事なら、誰もやっていないでしょ?

未経験の仕事に対してはわからないことだらけですよね。

・施工管理の仕事の楽なところ

・施工管理者がどうやって気分転換をしているの?

・施工管理の仕事に自分は耐えられるのかな?

そういった不安を持つあなたに施工管理の現場の実態をお伝えします。

この記事を読むと、施工管理の仕事に就いたときをイメージできるようになるはずです。

最後まで読んでみてくださいね。

施工管理の仕事の楽なところ

さぶろう
さぶろう

大変そうに見えますが、実は施工管理の仕事にも楽なところはあるんです。

実は肉体労働ではない

工事現場での仕事をしている姿を見ると、大変そうに見えることでしょう。

現在の工事現場では機械化が進み人間の手がかかる作業はどんどん少なくなってきた印象です。

それでもすべてを機械が施工できるわけではないため、人間の手作業は必ず必要になります。

そういった人間の手作業はやはり肉体労働の一環であり、それなりの負荷はかかります。

しかし、実際の作業を行うのは施工管理の仕事ではありません。

重いものを持ったり、スコップで穴を掘ったりといった作業は下請け作業者の方の仕事です。

肉体的な負担はゼロではありませんが、それほどつらいものではありません。

人を使うことが仕事ではない

多くの人を束ねて工事を進めること。

人を束ねるのは難しいことです。

いろいろな考えの人もいるし、立場が異なる人もいます。

それらの人たちのベクトルを一つにして工事を進めるということはとても大変なことです。

人を使うことは大変ですが、それは施工管理の仕事ではありません。

作業者の方にそういった仕事を指揮することも下請けの職長さんの仕事であって、施工管理の仕事ではないのです。

建設業法では、作業を指揮することと実際に作業することは下請け業者の仕事と明確に規定しています。

工事現場で最もしんどい仕事はこの部分ではないかと思います。

下請け業者が実作業を進めてくれることを近くで見ているだけでよいという立場が、実はちょっと楽だったりするのです。

四六時中、行動を監視されているわけではない

施工管理の立場にも当然ながら上司がいます。

上司の指示のもと、施工管理の職務に従事します。

会社勤めのストレスのひとつに上司との関係性というのがあります。

尊敬できて接しやすくて、面倒なことを言わない上司というものはほぼいません。

上司との関係性には必ず何らかのストレスは避けられません。

施工管理の仕事は工事現場での仕事です。

上司と一日中一緒にいて行動を監視されるということがありません。

現場にいるとリラックスして、口数が多くなる施工管理の人って結構多いです。

現場が好きという人もいますが、ここが魅力のひとつです。

自由な時間を作ることができなくもない

施工管理の仕事の主な職場は工事現場になるのですが、デスクワークも結構あります。

原価管理や工程表の作成や、発注者に示すための資料作りなど多岐にわたります。

場合によっては、現場が稼働中に事務所のデスクに座って仕事をすることも結構な割合であります。

デスクワークが楽だというわけではないのですが、現場がしんどい時にデスクワークをすることができます。

逆にデスクワークで頭の中が煮詰まったら、現場を歩いてみたりなどの時間の使い方ができたりします。

そんな時間の使い方で、気分転換になるものです。

忙しいときと暇なときがある

繁閑の差というのですが、施工管理の仕事には忙しいときと暇な時があります。

1年で見ると、年度末は工事が集中して忙しく、春先が暇なことが多くなります。

また、1週間程度の単位で見ても重要な工種のある日は忙しく、ある程度段取りがついて作業が手薄になる日もあります。

1日で見ても朝工事が動き始めるまでは忙しく、工事が動いて午後になれば一息つくことができたりします。

忙しいときには、緊張感が高まって集中モードで目まぐるしく動くことが必要ですが、ひと息つくことができる時間も結構あります。

その時間でリラックスできるのも施工管理のちょっと楽な部分です。

施工管理の気分転換の仕方やサボり方

さぶろう
さぶろう

いつも張りつめていては人間の精神は耐えられません。

長く仕事を続けていくためには気分転換や時にはサボることだって必要です。

事務所にいて息が詰まるときは現場に行く。

一日中、事務所にいると息が詰まることもあります。

張り詰めた空気が事務所内に漂って、変な空気になることも時にはあります。

事務所にいたくないなという気分になることは誰にもあることです。

そんな時は、現場に行くといって外に出てしまいます。

大した用事もないのに出かけたなと感じることもよくありますが、工事現場を見るというのは大義名分がある行動です。

この点に関しては、寛容な職場が多いようです。

きっとみなさんやってきたことなのです。

昼休み

施工管理者は、ひとりに1台ライトバンを貸与されることが一般的です。

ライトバンの中は、自分だけの貴重な空間です。

昼休みに、ライトバンでひとりの時間を過ごすことが好きな人は多くいます。

弁当を食べて、ゆっくり昼寝をする。

ひとりでぼんやりできるこの時間は気分転換のとても貴重な時間です。

居酒屋やパチンコ

居酒屋やパチンコ屋さんは、施工管理者の大好物です。

平日の夜、居酒屋やパチンコ屋には作業服姿がいっぱいです。

気の合う仲間と繰り出します。

居酒屋で会社の愚痴を言ったり、バカ話をするのも必要な時間です。

もちろん気の合わない人と無理に付き合う必要はありません。

良くも悪くも男性中心の職場では、付き合いが悪いなどといって変な派閥ができることは少ないと思います。

サボってしまう

施工管理者の役割として、役所などに提出物を届ける仕事や会社への報告などで現場を離れる時間も意外にあるものです。

わりとみんなこの時間を使って、現場の外で息抜きをしているようです。

スーパーマーケットの駐車場やパーキングエリアで車の中で昼寝をしている作業服姿の人を見かけたりしませんか?

まとめ

・施工管理の仕事には楽なところも結構ある。

・施工管理には、自由に使える時間がある。

・気分転換はみなさん上手くやっている。

・サボってしまうこともできる!?

どんな仕事もそうですが、ひたすら厳しくてつらいだけでは身体も精神も持ちません。

それなりにみなさんうまく気分転換をしながら仕事に向き合っているのです。

施工管理の仕事に就く前に、自分が働く姿をイメージしてみてはいかがでしょうか。

この記事を参考にして、自身が施工管理に適正があるかを検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました