google.com, pub-5256664231539820, DIRECT, f08c47fec0942fa0 施工管理の仕事 初めての職場へのなじみ方 | さぶろうブログ

施工管理の仕事 初めての職場へのなじみ方

施工管理の仕事内容

工事があるところが職場になるのが施工管理の仕事。

そのため、施工管理の仕事には転勤がつきものです。

ベテランの職員や、工事のキーマンとして赴任する場合は、周囲が気をつかってくれます。

一方で、新人や若手社員の場合は、一番下からの立場で職場に入っていくことになります。

・職場では、新人はどうやって迎えられるの?

・新人は、どう振舞えば職場にうまく受け入れてもらえるの?

・新人が職場で心がけることはどんなこと?

そんな不安にお答えします。

ぜひ、最後まで読んでみてください。

新人は忙しい現場に配属されることが多い。

さぶろう
さぶろう

新人は、人間関係が出来上がっている職場に配属されます。

できあがった人間関係の中に入っていくのは、緊張するものです。

新人が、暇な工事に配属されることはほぼありません。

暇な工事から学習することは少ないからです。

忙しい工事現場にこそ、優秀な先輩がいる傾向もあります。

優秀な先輩社員につけて成長させたいと、会社は考えます。

新人は、工事の準備段階から入ることは少なく、ある程度工事が進捗して忙しさか軌道にのってから配属されることが普通です。

工事がある程度進捗した段階での配属となると、職場の人間関係が出来上がった状態の中に入ることになります。

人見知りする人にとっては、やや苦手なことかもしれません。

どんな仕事でも同じ傾向です。

そういうものだと覚悟しておく必要があります。

職場では戦力としては期待されていない。

さぶろう
さぶろう

あせらず、ひとつずつ仕事を覚えていこう!

現実問題として、新人が職場の中心になってバリバリ活躍できることはありません。

まずは、先輩社員のアシスタントとして補助業務から担当することになります。

新人は、与えられた仕事を一つずつ真剣に取り組んでいくことが期待されます。

雑用であることも多いかもしれません。

それをバカにせず、職場で与えられた役割を果たしていくことで少しずつ認められていくことになります。

徐々に徐々に段階を踏んで仕事を与えられていきます。

気負いすぎなくて大丈夫

さぶろう
さぶろう

新しい人間関係だからといって、ムリをする必要はありません。

新人として配属されるにあたり、特別気をつけることはありません。

ありのままで、新しい職場に入っていけばいいのです。

正々堂々と緊張して、新しい職場に入ってください。

変に虚勢を張ったり、卑屈になるのは悪い見本。

学生時代の転校生や、バイト先の新人に振る舞い方から、良い手本を思い出してみてください。

職場の先輩方も経験していることです。

暖かく迎え入れてくれます。

面倒くさい先輩

さぶろう
さぶろう

真摯に仕事に取り組む人は新人を暖かく迎え入れます。

最初、わざと冷たくあたる先輩もちょいちょいいます。

自分を大きく見せたいタイプの人

新人に対して、偉そうな態度をとったり、冷たい態度を意図的にとる人がいます。

マウントをとるタイプといってもいいでしょう。

他の人を下に見て、自尊心や優越感を大切にしています。

この手の人は、役職についている人にも時折います。

管理職や先輩社員としての自信がなくて、そういう態度をとります。

なかなか面倒くさいのですが、まず新人のうちはそんな先輩を立ててあげるのが良いでしょう。

虚勢を張るのも疲れるものです。

しばらくすると、そんなに気になるほどのマウントは取らなくなってきます。

しばらくたっても、改善しなければそんな人とは距離をとっても大丈夫です。

もし、直接の上司であったとしてもムリしなくてかまいません。

所詮、その程度の人だと割り切ればヨシです。

だれかを自分の下の立場におきたい人

世の中には残念な人がいるもので、自分より下の立場の人を作って安心したい人がいます。

施工管理の職場にも、残念ながらいます。

新人を見ると、質の悪いほうの先輩風を吹かせます。

初対面では、そういう態度の人の本質はわからないことでしょう。

しかし、日頃の言動を見ていれば、ちゃんと付き合うべき人はどうかはすぐわかります。

実力もなく、自分の立場を守るために自分より下の人を作って安心したい人。

そういう人と真剣に付き合っても得することはありません。

一生懸命に、新人の成長を妨げるよう努力してきます。

そういう人は、相手にしなくてヨシ。

モラルハラスメントのある職場

ハラスメント対策は各企業が力を入れているところです。

しかし、職場のトップの人物が、ハラスメントをする傾向がある職場はまだあります。

とくにモラルハラスメントは、わかりづらいハラスメントです。

心理的にプレッシャーをかけて、部下や職場をコントロールする上司がいます。

困ったことに、そういった上司が会社から評価されていることもあります。

そういった職場に配属されると、新人が対抗するのはむずかしいです。

うまく立ち回っている先輩の行動をまねて、自分に被害が来ないよう行動するのがよいでしょう。

ハラスメント上司のその上の人に、こっそり告げ口することも新人にならできることです。

いずれにしても、長く続く関係ではないので、こんな職場もなるものかと割り切りましょう。

社会や組織の中で生き残っていくための修業の場です。

信頼できる仲間をひとり見つけよう。

どんな世間にもいろいろな人がいるものですが、自分と相性の合う人は必ずいるものです。

面倒くさい先輩がいたりモラハラっぽい職場は、面倒な問題です。

しかし、ひとりの信頼できる人がいれば職場の問題は一気に小さくなります。

たいていは自然と信頼できる人、相性の良い人と引き寄せあうもの。

周りを見てみれば、きっとそういう人はいるはずです。

社会人としての基本的な行動をしよう。

さぶろう
さぶろう

あたりまえの行動をすればよいのですが、意外とできない人が多いです。

・身だしなみを整える。

・あいさつをする。

・人の話は、背筋を伸ばして相手の目を見て聞く。

・雑用は率先して行動する。

・すっきりした声を出すことを心がける。

すべて基本的なことばかりですが、意外とできていないものです。

意識して行動してみることが大切です。

ちゃんとできる人は、それだけでほかの人と差ができます。

とくに、すっきりした声を出すことが重要です。

口の中でもごもご話したり、伏し目がちに話したりするのは印象はよくありません。

新人はすっきりとした声を出すことを意識してほしいところです。

まとめ

・新人は忙しい工事現場に配属されることが多い。

・新人は戦力として大きく期待されてはいない。

・新しい職場に入っていくからといって、変に気負う必要はない。

・面倒くさい先輩や、モラルハラスメントのある職場もある。

・信頼できる人をひとり見つけよう。

・社会人としての常識的な行動をしよう。

仕事をしていくうえで、職場になじめるかどうかは重要なことになります。

余計なことに気をつかわずに、仕事に専念できる環境に身を置きたいものです。

職場でのうまい立ち回り方は、社会人として重要なスキルになります。

これから社会に出る人に、この記事が参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました